【寝取り・托卵体験談】友人が寝ている間に、友人の彼女のJKに中出し→妊娠

趣味で知り合った友人宅で、飲み会の時の話。

数人で飲んでいたんだけど、最後まで残ったのが俺と友人とその彼女(高校生)の3人。
みんな帰ってしまってて、3人で飲んでいたんだけど、友人と彼女はかなり出来上がってて(ちなみに俺は酒豪)、二人でいい雰囲気になってきた!
俺は面白そうだから、二人のセックスを酒のつまみに見ていると、友人が彼女のマンコにズボズボ、チンポをピストンはじめた!

「いや~ん・・いい~っ!」
彼女の声が部屋に響いて、俺も「すげえ!すげえ!」とじっくりつながってるところを見てました。
が、しかし、だんだんと動きが鈍くなり、友人がピクリとも動かなくなった!
「おや?」と思ったんだけど、俺以上に思ったのは彼女だろうな!
あいつ、寝てやんの!

彼女、怒って友人の体をどかして、服を着ようとしたんだけど、俺が見てたのに気づいて、
「え? 見てたの?」
「全部、見ちゃったよ! 結構、エッチな体してるね!」
恥ずかしそうに、はだけた服で胸を隠してた!
「やだ~、はずかしい! もう! 責任とって!」
「何で俺が?」
「だって、これじゃあ、中途半端だし!」
そういうと、マンコを広げて見せてきた! 確かに、ぐちゅぐちゅ、濡れまくっていて、これじゃあかわいそうだなと思った!

「けど、君、高○高生でしょ? 俺みたいなオッサンとしたら・・・」
「いいよ! 関係ないでしょ?歳なんて! それに・・・」
「彼より、大きいみたいだもん!」

最近の子は・・・
と、思いつつも、遠慮なくいただいた!
「す・・ごいん・・・おおきいよお・・・」
「やっぱ、若いこのマンコは、締まるね! きもちいかな?」
「いいっ! きもちいいよお! もっとぉ!」

全裸にして正常位でズボズボ、生ハメでいただいた!
隣じゃ、彼氏がぐーぐー鼾かいてる!
「やんっ! マンコ、こわれるぅ~!」
「すげえ、マンコ気持ちいいぞ!」

友人の部屋の床を、彼女のマン汁と俺の我慢汁で汚して・・・
「いっちゃう~ぅ! いくっいくぅ~!」
「俺もイキソウ! 中に出していいか?」
「いや~ぁ! 中はだめ~!」

そう言うから、抜こうとしたら足が絡みついてきて・・・
「だめぇ、抜いたら」
「ばか! 中出しだめなんだろ? 抜かないと・・・」
「中は・・だめ・・・・でも・・・抜いたら・・・だめ!」
どっちやねん!
そのまま、しばらく突きまくってたけど、すでに何回か漏らして子宮の中!



寝取られ人妻ドキュメント

旦那が半年間、説得してようやく寝取られをOKした人妻。しかし、寝取られ相手と現場に向かう途中でも抵抗が激しく、度々泣きそうな表情を浮かべる。 一緒に入浴することを拒み、キスを拒み、フェラをしようとしない堅い人妻だったが、旦那と電話している時に、、、
本編はこちらから

「あ~っ・・イク・・・出るぞ!」
「やっ・・・駄目! 中は・・・・」

もう、遅い!
足の絡ませをとかないから、次の瞬間・・・・

どぴゅっ!どぴゅっ!どぴゅっ!

大量に彼女の子宮へ!
出し切るまで結局、全部奥に注いであげた。

「いや~ん! 中に出したぁ~!」
「おまえが離さなかったからだろ?」
「も~、責任とってね!」
マンコから溢れる精子を見ながら、まんざらでもない様子!
その後、友人が起きる直前まで中出ししまくった。

その日、彼女は危険日だったらしく、めでたく妊娠!
けど次の日に友人と中出ししまくって、そっちがヒットしたということで、そのまま産んじゃいました。

「黙ってようね! 言わなきゃわかんないよ!」
彼女のひとことで、そのままあいつと彼女はゴールイン!
けど、今でも俺としちゃってるですよ、彼女は!

女って、怖い!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です