【寝取り・托卵体験談】弱みに付け込み脅迫した人妻を妊娠させる

俺には数年続いている不倫相手がいる。彼女は元同僚のパート社員で、ぽっちゃりとした白い肌が魅力的な38歳の人妻R美だ。以前から狙っていた俺は忘年会でR美を酔わせてホテルに連れ込み、半ば強引に関係を持った。その時、撮影した写真とビデオで脅し、呼び出している。

夫にばらされる事を恐れたR美は俺の思い通りになった。俺が夜勤前に寝ていると、いつもの通りパート勤務が終わったR美が我が家の合鍵を使って入ってきた。R美は俺の布団を捲ると、パジャマごとパンツを下げると俺のイチモツを”じゅぽ…じゅぽ…”といやらしい音をたてながらしゃぶりはじめた。

俺は寝たふりをする。なぜならR美には俺が起きるまでフェラを続けると約束させているのだ。俺は我慢できず一発目をR美の口内にぶちまけた。

今度は自ら全裸になったR美が”私のまんこに、ちんちんを入れて下さい”とおねだりしてくると、俺は爆乳にむしゃぶりついた。R美は”あんっ…”とあえぎ声がもれた。俺は”約束通り、夫にはややらせてないだろうな?”と聞くと、R美は”夫とはやってませんから、早くちんちんを入れて下さい”と言った。

じらすように”夫だって求めてくるだろ?”と聞くと、”はい。でも仕事で疲れているからと全て断ってます。だから早く…”マンコの中に指を入れてかき回すと、既に濡れ濡れなマンコからクチュクチュ音がしていました。

俺も我慢が出来ず、イチモツをマンコにねじ込んだ。静かな部屋に”くちゅ…くちゅ…”といやらしい音が響き渡ると、”はぁっあっ、いっちゃうっ、やぁっ、あぁぁぁっ”って、いっちゃいました。R美の姿を見て、俺は更に力強く高速に突いて、”俺も…イクっ…”と言うと、R美の”駄目~、今日は中に出さないで…”だが、俺は容赦なくR美の腰をつかんで中出しを続ける。。



寝取られ人妻ドキュメント

旦那が半年間、説得してようやく寝取られをOKした人妻。しかし、寝取られ相手と現場に向かう途中でも抵抗が激しく、度々泣きそうな表情を浮かべる。 一緒に入浴することを拒み、キスを拒み、フェラをしようとしない堅い人妻だったが、旦那と電話している時に、、、
本編はこちらから

R美の体は俺のものだが、やはり心は今でも夫を愛しているのだ。セックスが終わるとR美はそそくさと帰って行く。俺は何事も無かったかの様に寝たふりをして妻の帰りを待つ毎日が今後も続くだろう。

ところが昨年の暮れに、R美としばらく連絡が取れない日が続くと、突然R美がやってきた。R美は俺との別れを告げに来たのだった。俺はR美の夫に全てをばらすと脅したが、R美は夫とも別れると言い出した。どうやら、俺の子を妊娠したらしい。夫とはセックスをしていないので、間違いなく俺の子だそう。夫には全てを話して、一人で育てていくらしい。迷惑はかけないので、産ませてほしいとのこと。俺は父親になるつもりはなかったので、「好きにしろ」といった。

ところが更に数日が過ぎた頃、R美が俺のもとを訪れ、やはり、一人では育てられず、堕ろしたと。このまま、俺との関係をそのまま終わらせるつもりだったが、夫とでは満足できなかったから又俺との関係を続けたいと言ってきた。ただし、旦那とのセックスを許してほしいと。

旦那がかわいそうになったのかと聞いたら、堕したことで、子供がほしくなったらしい。

たとえ俺の子供でも旦那の子供として隠し通すと言わせ、それ以来、子作りを繰り返している。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です