【寝取り体験談】偶然手に入れた人妻の〇秘画像をネタに脅し、完全に堕とした話 その1

僕は小さなコンピュータ系のサポート会社に勤める26歳の男です、よく出張で個人宅を訪問してPCのトラブル対応や、WORD、EXCELなどの簡単な家庭教師みたいな業務をしています、今からお話しする話は先日、とあるお客さま宅で使用していたパソコンが急に電源が入らなくなって、全く動かなくなったので見て欲しいとの事でした。
お宅を訪問した時に出迎えてくれたのはここの主婦の、仮に名前を智子さんとしておきましょう、見た目は30歳前半くらいの上品な感じはするんですが、その見た目とは裏腹に胸が90位はあるんでしょうか、かなりグラマーな奥さんでした。
ご自分が個人で使用していたPCが起動しなくなったので見て欲しいとの事でした、智子さんが言うようにPCは電源を入れてもBIOSS画面までは進みますがHDからOSを読む事が出来ませんでした、智子さんはこれから直ぐに家を出る用事があるとの事で、一度更に詳しく調べる為に事務所で詳しく見せてもらう為にPCをお預かりしていく事にしました。

彼女は元に戻らないようだったら、内の会社で新しいPCを用意して、ネットの接続の設定とかもお願いしたいと言ってくれました、会社としてはありがたい話なのですが、その際に壊れたPCのデータなどは人に見られたりする事は無いのか?とかPCが起動しない状態でもデータだけ完全に削除する事は出来ないのか?など色々と聞かれました、どうも以前のPCのデータを非常に気にしている様子でした。
冷たい飲み物を一杯ごちそうになり、智子さんのお宅を出て、僕はこの後、客先を3件回って会社の事務所に帰りました。
案の定、定時を大きく過ぎていたので事務所には私一人だけでした、私は自分のデスクに智子さんのところから預かってきたPCを置き、色々とPCが起動できるように様々な方法を試してみました、30分くらいでOSを読み込む事が出来、なんとか起動させる事が出来ました、起動した画面には仲良く智子さんと恐らく旦那さんであろう男とこれまた恐らく娘であろう小学生くらいの女の子と3人で仲良く映っている写真が壁紙に設定されていました。
この時点で、本来ならお客様にPCが復旧した事を連絡し修理代の料金を連絡してPCお届け日の打ち合わせなどをしても良かったのですが、私はずぅ~と、智子さんがこのPCのデータの事を気にしていた事がPCを預かった時から気になっていました。
結局私はその欲求に負けてしまい、智子さんのPCのデータを見てみる事にしました、恐らく何か画像系で旦那とハメ取りでもした物か、もしくは最近では素人でも簡単に動画撮影出来る機器が増えているので動画系かどちらかだと当たりをつけました、もしかすると私の期待はずれで、仕事か何かのデータファイルかもしれないし、その時は軽い気持ちでPCの中の画像ファイルを検索しました。
すると、ヒットしてきたのは家族で仲良く旅行している写真や、外食の写真などが出てきたのですが、その後に智子さんが全裸で大股開きをしている写真、男性のペニスをしゃぶっている写真、智子さんのオマ●コに深々と男のチ●コが挿入されている写真が山のように出てきました、しかもPCの壁紙に設定されてる家族の写真、先ほどの家族旅行や外食の写真で旦那の顔は解っていたのですが、明らかにハメ取りの男性は別人でした、というかよく見るとこの男性を含めてもう一人別の男性と絡んでいる、いわゆる3Pの写真などもありました、そこでは智子さんはオマ●コだけではなく尻の穴、アナルでも男のチ●コをくわえ込んでいました、智子さんが浮気をしている決定的な証拠でした。
僕は我慢できずに会社の事務所で智子さんのハメ撮り写真で2回もオナニーをしてしまいました。
翌日、智子さんには預かったPCは完全に壊れていて、データを確認する事が出来ず、当社から新しいPCを納品する事を連絡した、3日後に納品するPCを持って再び智子さんの宅を訪れた、智子さんは何も知らず笑顔で僕を出迎え、わざわざ宅配設置までしてもらって申し訳ないと言った、僕はPCの設置場所を確認しセッティングを行い、智子さんをPCの前に座らせて電源を押した、WINDOWS画面が起動し、最初の画面が出たとき、智子さんは絶句していた、僕が機能あらかじめこのPCの壁紙に智子さんのハメ撮り画像を設定していたからだ、そこには男のチ●コが深々と刺さり歓喜に震える智子さんが映し出されていた。
顔を真っ赤にして、智子さんは恥ずかしいのか怒っているのか、僕の方を見て「前のPCのデータは壊れていたって・・・、どういう事なんです?」と僕に詰め寄ってきた、僕はあっさりと「嘘ですよ、PCは復旧させてもらってデータは全てコピーさせてもらってます、せっかくなので新しいPCにも一枚壁紙に設定しようと思いましてサービスで入れておきましたよ。」これは僕にとって一種の賭けだった、ここで智子さんが開き直って警察に通報されれば、僕は逮捕され会社もクビになる事は間違い無い、だけどそうならなければ、僕にとって一生縁の無いようなこんな美人とSEX出来るはずだ・・・・・僕は神に祈るような思いで智子さんの反応を待った。
「・・・・何が、目的なの?・・・・・お金なら、少しは・・・・・・」やったっ!! やっぱり智子さんも旦那とのハメ撮りならまだしも、あきらかに不倫のものなので警察沙汰には出来ないのだ!!ここまでくれば僕の思い通りに事は運ぶだろう。
僕は答える代わりに、初めてあったときから頭から離れなかった智子さんの胸を乱暴に服の上からギュッと掴んだ、僕の手の力を跳ね返すような弾力のある胸でとても柔らかだった。
「ちょっ、何をするんです・・・・いやっ、やめてください!!」「奥さん、僕はお金なんていりません、奥さんもいい大人なんだから、僕が何を望んでいるか解るでしょ?」僕は智子さんに問いかけながらも、その間中、智子さんの胸の感触を楽しんだ、智子さんは無言で僕のされるがままにうつむいて黙ってしまった、僕は智子さんに僕の望む条件を伝えた。
「一度だけで、結構なんですよ奥さん、僕もあのPCの画像のような事を奥さんとやってみたいんです、それで今度は本当にあのデータは破棄しますよ、悪い話じゃないでしょ?別に大金を要求している訳でも無く、貞操な人妻ならまだしも、あなたは不倫好きでどうせSEXが好きで好きでたまらないんでしょ?」「そ、そんなっ・・・・私そんな女じゃ・・・・・」「ぷっ、ははっははは・・・・・3Pして2本もチ●コくわえてた口から良くそんな事が言えますね、奥さん?」僕は智子さんの乳首の部分をギュッと力を込めて掴み、問いただした。





寝取られ人妻ドキュメント

旦那が半年間、説得してようやく寝取られをOKした人妻。しかし、寝取られ相手と現場に向かう途中でも抵抗が激しく、度々泣きそうな表情を浮かべる。 一緒に入浴することを拒み、キスを拒み、フェラをしようとしない堅い人妻だったが、旦那と電話している時に、、、
本編はこちらから


つづき







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です